TIBOR(タイボー)とは?

東京銀行間取引金利の略でLIBORの東京版ともいえます。日本円TIBORとユーロ円TIBORの2種類あります。従来、主要金融機関が個別にTIBORを発表していたが、指標金利としての厳密さに欠けるとの指摘が出ていたため、全国銀行協会連合会が日本円TIBORについては1995年11月、海外円TIBORについては1998年3月から公表を始め、事実上の統一的な指標となりました。
日本円TIBORとは、日本市場における円の資金取引の金利です。日本の市場慣行通り、金利表示は365日ベースです。
ユーロ円TIBORとは、海外市場における円の資金取引の金利です。1年を360日とみなして金利表示します。日本の銀行がユーロ円の資金取引をする場合は、シンガポール市場、香港市場、東京オフショア市場(日本国内につくられた海外マネーどうしの資金取引市場)でよく行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です