h3、h4、h5、dl、dt、ddのコードの書き方例

大見出しA

Aの中にはA−1とA−2があります。

中見出しA−1

A−1はなんたらかんたらです。

中見出しA−2

A−2の中にはA−2−1とA−2−2とA−2−3があります。

小見出しA−2−1

A−2−1はなんたらかんたらです。

小見出しA−2−2

A−2−2はなんたらかんたらです。

小見出しA−2−3

A−2−3はなんたらかんたらです。

大見出しB

Bの中にはB−1とB−2があります。

中見出しB−1

B−1はなんたらかんたらです。

中見出しB−2

B−2の中には次の銀行があります。

データB−2−1(例:みずほ銀行)
データB−2−1の内容です。
データB−2−2(例:UFJ銀行)
データB−2−2の内容です。
データB−2−3(例:三井住友銀行)
データB−2−3の内容です。
データB−2−4(例:名古屋銀行)
データB−2−4の内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です