銀行員の瓦版 金を貸すと、しばしば金と友を一緒に失う❗

nullシェークスピアの四大悲劇の一つ(ハムレット)の中で出てくる言葉です。

一人立ちして社会に出ていく息子に、友人と円滑な友好関係を結ぶためには金の扱い方に注意しなければいけない、と助言しました。
友人に金を貸すと、貸した当初はよくても、支払いが滞ってくると双方にとって悲惨な事態となる。その金のせいで仲の良かった友人とも不仲となり、友情を失うことになりかねない。金の貸し借りは不和のもとになります。
〔ハムレット〕の中には〔僕は金よりも友を失いたくないからね〕というセリフもあります。
友人間の借金はきちんと返すか、信用を無くすかのどちらかです。お金はやっぱり戻ってくるかどうかでなく、貸してはダメ、借りてもダメなものです。アドバイスとして、銀行のカードローン、大手消費者金融のカードローンなどは銀行口座があれば、先ずは申込みしてみることです。結果は全て本人の自己責任はあたりまえです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です