銀行の人材育成とは?

銀行の人材育成銀行の人材育成の特徴の1つが研修制度・バックアップ体制の充実です。
各銀行とも、行員の研修・教育膨大な予算と労力を投入しており、銀行員は常に勉強の日々が続きます。
また、専門知識を習得するため、資格取得を重視しています。
主なものに、

  • 中小企業の経営診断や指導を行う〔中小企業診断士
  • 企業年金の掛け金率の算定や年金の制度設計を行う〔アクチュアリー(年金コース)
  • 企業の財務分析や経済動向を予測する〔証券アナリスト
  • 担保物件の鑑定・評価を行う〔不動産鑑定士
  • 複雑な会計処理や財務、監査の知識を認定する資格〔公認会計士
  • 金融商品を取引する業務に必須となる〔証券外務員

など、業務に関連した資格もあります。
銀行が扱う金融機能は幅広く、新しい金融商品も次々と生まれています。
銀行員には、これらの商品知識を身につけるとともに、金融のプロとして知識を磨き続ける努力が求められています。
高給取りで華々しいイメージを抱いている方も多いと思いますが、銀行員は毎日が勉強です。
学ぶことが好きな方には刺激的な業界と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です