金融機関の種類は何が違うのか?

都市銀行とは
預金量、融資量が莫大な銀行であり、全国の主要都市に支店を持つ大規模な銀行です。
地方銀行とは
都道府県を営業基盤としている銀行です。
個人や地域企業といった地域に密着したお客様のニーズに応える銀行を目指している。
第二地方銀行とは
元は相互銀行で平成元年以降、株式会社へと転換し普通銀行となったもの。
地方銀行と同じく都道府県内を営業基盤としている。
信用金庫とは
地域の方々が利用者、会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関であります。
信用組合とは
信用金庫と同じ機関ですが根拠法や組合員資格が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です