金融ビッグバンとは?

1998年4月から金融ビッグバンがスタートしました。金融ビッグバンとは、フリー、フェア、グローバルを三原則に、閉鎖的だった日本の金融市場の構造を改革することです。
具体的には外国為替法が改定され、ドル建てやマルク建てなど資本取引や受払いが自由化されました。また、銀行や証券、保険など業態別に隔てていた壁が取り払われ、銀行の証券業への進出など業態ごとの相互参入が可能になったのです。銀行系の証券会社や、総合商社や自動車メーカーといった異業種も証券子会社を開業するなど多くの証券会社が誕生しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です