見せ玉とは?

null〔見せ玉〕とは法律で禁じられている相場操縦の方法の一つで、売買するつもりのない株式に注文を出して株価を不正に上下動させる売買注文のことです。
たとえば、ある株式を購入したうえで、その株式に大量の買い注文を出し、他の投資家に(好材料がある)と錯覚させて買い注文が膨らんで値上がりした後、買い注文を取り消し、あらかじめ買っておいた株を高値で売却して、利益を得るような売買のことです。
注文の取り消しを行うことがすべて違法行為となるわけではありませんが、大量の注文発注・取り消しには注意が必要です。
見せ玉行為により市場の株価が不当に影響を受けるので、金融商品取引法によって規制されています。
〔見せ玉〕規制の強化として
見せ玉は相場操縦の一つで刑罰の対象です。
見せ玉は売買が成立した取引に課徴金が課せられていましたが、新たに取引を申し込んだ場合にも課徴金が課せられます。
証券会社が自己の売買で(見せ玉)の申し込み行為を行うことについて、これを禁止し、刑罰および課徴金の対象となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です