投資信託とは?

一般に投資信託といわれているものは、証券投資信託の事をいいます。
今や銀行や郵便局でも販売している投資信託ですが、元本保証はありません。
投資家のニーズと好みに応じて、ローリスク・ローリターン、もしくはハイリスク・ハイリターンのファンドを選ぶことができます。
投資信託は、不特定多数の投資家から小口の資金を集めてファンド(基金)を形成します。
専門の投資機関がファンドマネージャーを通じて、ファンドの運用と管理を行ないます。
ファンドは有価証券への分散投資により運用されます。
運用は受益者(投資家)の利益を目的として行われます。
利益(損失)は、運用実績に応じて投資家に分配されます。
また、金融商品取引法の適用を受けています。
以上の仕組みがあり、特徴です。

個人投資家にとって、小口資金で証券に効率よく投資ができます。
個人投資家の出資したファンドを運用の専門家が個人投資家に変わって運用してくれます。
多様なファンドを目的に合わせて選択できます。
上記のようなメリットがあります。
 投資信託の費用については
(購入時手数料)購入時に販売会社に支払う費用 (運用管理費用)投資信託の保有額に応じて支払う費用 (監査費用)原則決算ごとに監査法人などから監査を受ける費用
(売買委託手数料)投資する株式などを売買する際に発生する費用 (信託財産留保額)投資信託を購入または解約する際、手数料とは別に徴収される費用
上記費用以外にも投資信託により発生する費用がありますので〔目論見書〕は必見であります。手数料は安くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です