企業の債務償還能力とは何ですか?

企業の債務償還能力とは何か?

(ここに、企業の【債務償還能力】についての説明を、【債務償還年数】って言葉を使って書く。)

債務償還年数とは

債務償還年数は簡単に言えば、その会社が借入金を利益で完済するのに、どれくらいの期間を要するかということです。
会社の財務上の実力をもっとも敵格に表す指標と言ってもよいでしょう。

債務償還年数とはを求める計算式

債務償還年数は次の①②③の数字を使って導き出します。

① 有利子負債残高
(ここに有利子負債残高の説明)
計算式 { 短期借入金+長期借入金+社債+割引手形 }
② 所要運転資金
(ここに所要運転資金の説明)
計算式 { 売掛金+受取手形+在庫-買掛金-支払手形 }
③ キャッシュフロー
(ここにキャッシュフローの説明)
計算式 { 税引後当期利益+減価償却費 }

これら①②③を使い
 (①-②)÷③
をした結果が債務償還年数となります。

そしてその結果からわかる債務償還年数の適正水準は❓
10年以内であれば、返済能力は良、
10年超であれば、要注意、
と判断されます。
この年数は融資先の真の実力をあらわすバロメーターとして銀行員は非常に重視しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です