不動産投資ファンド(J-REIT)とは

REITとは、多くの投資家からお金を集めて、オフィスビルや商業施設などの不動産に投資し、テナント料や売却益などを投資家に分配する集団的な投資スキームです。主な投資対象が不動産であるため、不動産投資ファンドと呼ばれています。英語のReal Estate Investment Trustの頭文字をとって〔REIT(リート)〕と呼んでいます。
欧米では、REITはすでに一般的な金融商品となって取引所にも上場され、個人投資家も多数投資しています。日本では2000年11月に〔投資信託及び投資法人に関する法律〕が施行され、REITの組成が可能となりました。日本版の不動産投資信託ということで〔J-REIT〕と呼ばれています。金融商品取引法が適用されます。
〔J-REIT〕は、不動産投資の専門家が投資家の資金をまとめて、複数のオフィスビルなどの収益物件に分散投資し、そこから得られる賃料収入、売却益などを投資家に分配する商品です。証券化によって売買しやすくなりましたが、長期保有が基本とされます。
J-REITの魅力として
配当利回り
配当の安定性
インフレヘッジ性
分散投資効果
流動性など
J-REITのリスクは
元本および分配金などが保証されていません。リートの価格は、財産として保有する不動産等の評価額の変動や資産の入れ替えによる運用成果により、大きく変動する可能性があります。それは市場の需給状況や不動産市況の見込みなど、さまざまな要因によって変動します。また分配金も原資となる不動産の賃貸収入などにより変動します。
リートが財産として保有する建物は、自然災害などの予測不可能な偶発事象により滅失・損傷または劣化する可能性があることを認識しておかねばなりません。
投資信託は、一般的に、ファンドが法人格を持っていない契約型投資信託と、資産運用目的で設立された会社形式をとる会社型投資信託に大別されます。J-REITは、会社型投資信託です。会社型では、投資法人が投資証券を発行する形で投資家から資金を募っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です