上場投資信託(ETF)とは?

null一般の投資信託は、ファンドに資金を投資して、投資の専門家であるファンド・マネージャーが投資した資金を運用する金融商品です。
ETFは投資の運用をファンド・マネージャーに任せるという点で投資信託と同じですが、大きな違いは、その名のとおり証券取引所に〔上場している〕ことです。投資信託を、証券取引所で誰でも株券のように売買できる商品として取引できるようにしたものが〔ETF〕といえます。
ETFのよさは、一般に国内外の株式や債券などの(値動き)に連動するので、現物に投資するよりもリスクを軽減でき、個人投資家などが投資しやすいことにあります。また、一般の投資信託とETFとでは、販売手数料や信託報酬も異なり、ETFが低めになっています。
ETFは証券取引所に上場しているインデックス投信のことです。インデックス投信とは、日経平均株価などの特定の指標と連動した値動きをするように運用される投信です。日経平均株価は、日本を代表する225銘柄の株価の動きを数値化したもので、日本の株式市場全体の動向を表す株価指数です。日経平均株価に連動するETFの場合、指数の対象となる225銘柄を実際に保有することで指数への連動を目指すという方法がよく用いられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です