スワップ取引とは?

スワップ取引とは、金融取引の条件(金利や通貨など)を交換する取引をいいます。
交換の対象は、金利や通貨などです。
例えばドル建て債務と円建て債務の交換(これを通貨スワップといいます)や、固定金利の受け取りと変動金利の支払いの交換(金利スワップといいます)などがあります。
ドルの資金を借りたいと考えている日本のA社と、円の資金を借りたいと考えている米国のB社があるとします。A社は、円を借りるときの金利は3%ですが、ドルを借りるときは5%かかります。同様にB社は、ドルの調達金利は2%で、円の調達金利は4%です。
そこで両社は、それぞれ自国通貨で資金を調達したうえで、それを互いに交換するのです。A社は金利3%でドル資金を、B社は金利2%で円資金を得ることができます。
実際にはもっと複雑ですが、これがスワップ取引(この場合は通貨スワップ)の考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です