オプション取引とは?

オプションとは、金融商品などを買う(売る)権利を売買する取引を言います。
例えば、ある金融資産を、権利行使期間という将来のある一定期間に、約束した値段で買える(または売れる)権利のことをいいます。
商品を買う権利のことをコール・オプションといい、売る権利をプット・オプションといいます。
先物取引に似ていますが、オプション取引は買った権利を放棄できるという点が大きなポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です